非常用燃料電池 – MgBOX 軽量で携帯可能

MgBOXは、古河電池株式会社が開発した小型で携帯可能な非常用マグネシウム空気電池です。当初は陸上での非常用電池として開発しましたが、船上でも使用できるようになりました。水道水や海水を加えることで電池が作動し、発電を始めます。

 古河電池社製 MgBOX 非常用空気電池

 

MgBOXは長期間保管でき、水道水や海水を加えるだけで作動できます。作動後はUSBアダプターボックスやハブを経由して最長で5日間電気を供給します。USBアダプターボックスに接続できる機器は、小型ライト、携帯電話、スマートフォンなども含まれます。USBアダプターボックスはMgBOX内に入っており、小型の携帯機器を複数回充電することができます。

           

MgBOX 仕様
発電時間 5 days (maximum) 
電気量 300 Wh
寸法 幅22cm×高22cm×奥行22cm
重量 約1.6 kg (注水前)/ 約3.6 kg (注水後)
アダプター USB ボックス/ハブ 出力2ポート付
出力電圧 DC 5V
最大電流 1.2A/USB ポート

 

船上では、複数のMgBOXユニットを、操舵室やエンジン制御室(ECR)、乗務員居住域、非常時に乗客が集合する場所などの複数個所に保管することができます。水を加える前のMgBOXの重量は1.6kgしかないので、棚などの色々な場所に保管し、必要な場所に容易に移動させることが出来ます。 

MgBOX Instructions

 

MgBOXの取扱説明書:pdficon large 

より詳細な情報が必要であれば、お問合せフォームをご利用ください。

その他の船舶用、海洋仕様の電池に関しては、バッテリーとエネルギー貯蔵 をご覧ください。

 

ハイブリッドバッテリー技術を含む船舶バッテリー/マリンバッテリーに関するよくあるお問合せ

マリンバッテリー | 船舶用バッテリー | 船舶用エネルギー貯蔵 | オフショアプラットフォーム用バッテリー

Q:バッテリーは船上で何のために使用されますか。
A:バッテリーは船上で、電気推進システムや非常用バックアップ電源のエネルギー貯蔵のため、または再生可能エネルギーソリューションの一部として使用することができます。

Q:エコマリンパワー社が提供するバッテリーは船級承認を得ていますか。
A:船上で使用するための船級承認を得ているバッテリーをご提供できます。また、エコマリンパワー社の再生可能エネルギーソリューションの一部として提供させて頂く船舶用バッテリーは全て船級承認を得ているものです。

Q:VRLA バッテリーとは何ですか。
A:VRLAとは「Valve Regulated Lead Acid(制御弁式鉛)」の略で、この型のバッテリーは安全性および信頼性が高く、リサイクル可能です。

Q:エコマリンパワー社が船舶用ソーラーパワーシステム用に使用するバッテリーはどの型のものですか。
A:Aquariusマリンソーラーパワーなど船上でのソーラーパワーシステム用には、古河電池社製 UltraBattery® シリーズなどの高品質の密閉型制御弁式鉛バッテリーを使用します。これらのバッテリーは密閉されており、メンテナイスの必要がなく、リチウムイオン型バッテリーと比べて多くの利点があります。設置も容易であり、搬送や組み立ても簡単なバッテリー用ラックキットと一緒にご提供できます。

Q:船舶用バッテリーの品質は重要ですか。
A:船舶用バッテリーにおいて見落とされがちな問題は使用される構造と材料の品質です。低品質のバッテリーは初期コストが低いため、最初はプロジェクトに適しているように思われるかもしれませんが、これらのバッテリーは概して比較的寿命が短く、使用中に重大な欠陥が現れることがあります。また低品質の船舶用バッテリーの使用には安全性の問題もあります。さらに多くの場合、バッテリーの選択を誤ると、わずか数年の使用で交換が必要になる可能性があります。

Q:バッテリーは空輸できますか。
A:密閉型鉛バッテリーは空輸できますが、規制が変更される可能性があるため、ご注文の段階で確認いたします。

Q:バッテリーは世界各国に提供できますか。
A:はい。古河電池社および販売パートナーの協力により世界各国へご提供可能です。

Q:バッテリーは取付けラックと一緒に提供することも出来ますか。
A:はい、バッテリーは船上やオフショアプラットフォームでの使用に適した取付けラックやラックキットと一緒にご提供することも可能です。

Q:バッテリーはケーブル付きのセットとして提供できますか。
A:はい、内部ケーブルと取付けラックもしくはキットを付け、セットとしてご提供できます。UB (Ultra Battery)シリーズについては、現場で容易に組み立てができる、カスタマイズされた取付けラックもご提供できます。

Q:どのタイプのバッテリーが必要であるか、どうやって決めればよいでしょうか。
A:特定の用途に基づいてバッテリーセットまたはバッテリータイプをエコマリンパワー社から提案することができます。より詳しい情報についてはお問合せ下さい。

Q:バッテリーはオフショアプラットフォームにも提供できますか。
A:はい。

Q:船舶用バッテリーは陸上の再生可能エネルギープロジェクトにも使用できますか。
A:はい。船上での使用が承認されているバッテリーは陸上での太陽光および風力発電プロジェクトにも非常に適しています。

Q:エコマリンパワー社が使用するバッテリーの製造者はどちらですか。
A:当社のプロジェクトやソリューションに推奨する高品質のバッテリーは古河電池株式会社が製造しています。

より詳細な情報は:船舶用エネルギー貯蔵とマリンバッテリー をご覧ください。

 

Aquarius MRE®EnergySail® よくあるお問合せ (FAQ)
エコマリンパワー社に関する一般的な内容については 「よくあるお問合せ」ページをご覧下さい。

Aquarius MRE®関してはAquarius MREページをご覧ください。

EnergySail®関しては EnergySail ページをご覧ください。

Aquarius MRE Aquarius MRE System とは何ですか?

特許を持つAquarius MRE(MRE=Marine Renewal Energy/船舶用再生可能エネルギー)またはAquarius MRE システムは、硬帆でありながら可動する帆、コンピューターシステム、再生可能エネルギー装置、エネルギー貯蔵モジュールの先進的な統合システムで、風と太陽から得られる力を利用して、海上で船に再生可能エネルギーを取り組むことを可能にします。この硬帆は、当社が開発し特許取を取得したEnergySail®技術を基にしています。

このシステムでどの位の燃料が節約されますか?

当システムにより、外洋航行船で年間5%~20%の燃料消費量が削減されます。これは、システムの使用に適していない天候時や運休時を考慮した控えめな数値です。小型船や特殊船の場合は、燃料節約量や排出ガス低減量は大幅に多くなる可能性があります。

Aquarius MRE は大型船用のみですか?

システムは当初大型船用に設計されていましたが、現在開発されている技術の多くは、沿岸貨物船、旅客船、観光船などの小型船にも適しています。また、巡視船などの海軍および政府の船舶にこのシステムを使用することが可能かどうかを決めるための調査も実施しています。システムの要素は、無人水上船(USV)にも適しています。

現代的な大型船において風力の利用は実行可能な選択肢ですか?

風力は海を行き来する船を動かすために何世紀にも渡って使われていましたが、蒸気船の出現により、帆装船の黄金時代は終わりを告げました。1980年代の日本の船は硬帆(JAMDA)を装着しており、硬帆の利用により燃料消費量が削減されることを証明しました。この話題についての詳細は、船舶向け風力とソーラーパワーをご覧ください。

Aquarius MREシステムに使用されるEnergySailは風力を使用し、ソーラーエネルギーを収集するのですか?

エコマリンパワー社が設計した硬帆/EnergySailは利用可能な風力によって船を動かし、ソーラーパネルを取り付けている場合、日中はソーラーエネルギーを収集できます。EnergySailはコンピューター制御によって、天候条件に最適な位置に自動的に配置されます。この革新的な装置の詳細はEnergySailのページをご覧ください。各EnergySailは他の発電機器やセンサーを取り付けることもできます。

硬帆とは何ですか?動かない帆ということですか?

硬帆とは、簡単に言えば布のような柔軟な素材で作られていない帆です。硬帆は、例えばマリングレードの鋼または炭素繊維複合材料で作ることが出来ます。Aquarius MREで使用するEnergySailは、利用可能な風やソーラーエネルギーを最大限に利用するために配置を動かすことができます。また、貨物の積み降ろしや暴風雨の際には帆を降ろすこともできます。

ソーラーパネルから集められたエネルギーはバッテリーに蓄えられますか?

はい。充電されているバッテリーから船舶の運用機器に電力を供給でき、また、寄港中や停泊中は電源として使用することもできます。バッテリーまたはエネルギー貯蔵モジュールは船の発電機など他の電源から蓄電するためにも使用できます。

なぜ船会社は風力とソーラーパワーを使用すべきなのですか?

まず、船上で使用される風力や太陽光発電は、化石燃料の使用を減らし、結果として大気汚染が少なくなり、温室効果ガスの排出が少なくなります。簡単に言えば、風力と太陽光は、油やディーゼル燃料、LNGなどを燃やすことに比べて、環境にとってより優れています。

次に、燃料の使用量が少ないことは、船主や運航業者の運航コストの削減となります。また、造船業者、設計者、船主、運航業者により詳細に説明させて頂きたいと思っている他のメリットもあります。

なぜ船に大きな帆を置くだけではないのですか?

船上の大きな帆は、帆装船時代にあったように大きな問題を引き起こす可能性があります。 Aquarius MREシステム の目標は、船上で風力を利用することだけではなく、乗組員や船の安全性が脅かされないような方法で行う事です。加えて、エネルギー貯蔵や風力装置とソーラーモジュールなどの他の技術ももたらします。大型のフレキシブルな帆は特定の船種に適していますが、当社の調査によれば、タンカーやRoRo船、貨物船、ばら積み船などの大型船には適していません。Aquarius MRE に使うEnergySail は、旅客フェリーから大型タンカーや鉱石運搬船までの幅広い船舶に適するように設計されています。

硬帆を装備した小型船を見たことがありますが、その大き目の硬帆を設置しないのはなぜですか?

外洋航行船は、湾、港湾、河川などのかくまわれた水域を運航する船とは異なった設計になっています。そのため、これらの船舶に風力およびソーラーパワーソリューションを利用する時には、その部分を考慮して設計する必要があります。例えば、硬い翼のついた帆は小型ヨットでは効率よく作用しますが、当社の調査によると、大型の外洋航行船には適していないことが分かりました。

帆はそれほど大きく見えませんが、本当にうまくいくのでしょうか?

EnergySailアレイは、単独で船に電力を供給するようには意図していません。大型船では主エンジンは必要であり、Aquarius MREシステムは燃料消費量や粒子状物質を含む排気ガスの削減に役立つ、付加的な供給源あり、動力、推進力です。硬帆コンセプトの基本技術は1980年代に日本の多くの海洋航行船で試験および実証されました。

これら帆は動かすことができますか?

はい。帆は優勢な気象条件に最も適した配置に動きます。また、暴風雨時や貨物の積み下ろし時には、帆を降ろすことできます。

EnergySailは1つのタイプしかありませんか?

いいえ。サイズや形状、および機能の違いなど、いくつかのバリエーションがあります。

システムは何時頃完成しますか?

初期のサブシステム、Aquarius 管理&自動化システム(MAS)は既に完成しており入手可能です。EnergySailはラボテストの段階で、船舶用ソーラーパワーシステムの海上試験は2014年に実施しています。EnergySailの海上試験については近々行う予定です。

Aquarius MRE® および EnergySail® はエコマリンパワー株式会社の登録商標です。

 

船の燃料消費量と排出ガスを監視

Aquarius MAS コンパクトは信頼性のある船舶用コンピューターシステムパッケージで、船の燃料消費量と排出ガスを監視することができ、新造船にも既存船にも適しており、必要に応じて後から他の機能を追加するために拡張することもできます。

  Aquarius MASコンパクト – リアルタイムFOC監視、トリップメーター、排出ガス計算

 Aquarius MASコンパクト リアルタイムFOC監視、トリップメーター、排出ガス計算

 

Aquarius MAS コンパクトは、信頼できるKEI 3240のハードウェアおよびソフトウェアプラットフォームを使用したEMP社のAquarius MAS(管理&自動化システム)に基づいています。

Aquarius MAS コンパクトの主な特徴:

  • リアルタイムでの燃料消費量監視
  • 毎日の燃料消費量合計
  • CO2, NOx, Soxの排出計算と表示
  • 収集したデータはメモリーディスクに記録
  • 使いやすい
  • 設置が容易
  • 表示画面をカスタマイズ可能
  • 船級協会認定
  • 液晶タッチスクリーン

燃料消費量と排出ガス監視画面

燃料消費量と排出ガス監視画面

消費量データ(本日)画面では、主エンジンと発電機の燃料油消費量を見やすいフォーマットで表示しています。今日ではNOxとSOx、CO2の排出計算も表示されます。データの表示方法は必要に応じてカスタマイズすることができ、燃料流量計からの追加入力を接続することができます。

その他の表示画面:

  • 燃料消費量の傾向
  • トリップメーター
  • 警報表示
  • 船の速度と位置情報(GPSより)
  • 主任エンジニアの表示

 

拡張とアップグレードが可能

Aquarius MAS コンパクトは、船舶用再生可能エネルギーの監視をするようにアップグレードでき、また、Aquarius MAS の機能を含むように拡張およびアップグレードすることができます。

さらに詳しい情報:  Aquarius MAS (管理&自動化システム)

 

マリンバッテリー| 船級承認 | 安全 & 信頼性 | リサイクル可能 

古河電池株式会社の協力により、船上使用のための様々なエネルギー貯蔵ソリューションやマリンバッテリーのご提供が可能となりました。バッテリー技術は古河サイクルパワー(FCP)シリーズと UltraBattery®シリーズを含みます。ub_50_12_battery_pack_3UB-50-12組電池

古河電池社製の高品質で長寿命のバッテリーは、船舶用再生可能エネルギーソリューションの一部として、スタンドアローンのバッテリーパック(ケーブル付き)として、また、個別ユニットとして使用できます。バッテリーは現地で組み立てることが出来るマリングレードのラックや事前に構成した取り付けラックとセットにすることができます。

マリンバッテリーと船舶用バッテリーよくあるお問合せ をご覧ください。

船舶用バッテリーとマリンバッテリーの用途

  • Aquarius マリンソーラーパワーとAquarius MAS + Solar用のエネルギー貯蔵
  • 海上や沿岸太陽光発電システム用のエネルギー貯蔵
  • 船舶およびオフショア用のエネルギー貯蔵とバッテリーパック
  • 船舶、オフショア構造物、船舶用の非常用バックアップ電源
  • 電気船または電気推進船用のバッテリー
  • リバーボートや旅客フェリー用バッテリーパック
  • オフショア再生可能エネルギー施設用のエネルギー貯蔵
  • 再生可能エネルギー発電施設用の電圧安定化などの陸上用途

古河電池社製 – 高品質VRLAとハイブリッドバッテリー 90%以上リサイクル可能

船舶用の古河電池社製バッテリー古河電池株式会社は、日本国内はもとより世界的にも大手の蓄電池および電気機械の製造会社です。古河電池社の製品には、乗用車やバイク、電気自動車、電車、飛行機、通信、船舶、再生可能エネルギーアプリケーション、宇宙船などに使用するバッテリーがあります。1950年に創立し、日本や東南アジアに多くの製造施設があります。古河電池株式会社はISO 9001およびISO 14001の品質規格を取得しており、また、下記の電池は、日本海事協会(ClassNK)の船級での使用が認められています。

  

 

古河電池社製 船級承認されたマリンバッテリー

 

FCPシリーズ バッテリーユニット  –  船級承認

古河サイクルパワー(FCP)シリーズのバッテリーユニットは、2VDCから96VDCまでの様々な構成が可能で、優れた耐震性のあるモジューラーデザイン搭載ラック付きでご提供できます。また、設置時間や保守の時間を短縮できるように省スペース設計となっています。FCPシリーズの電池は再生可能エネルギーアプリケーションにとって最適であり、その寿命の長さ(約15年)と保守要件の低さから、船上での使用に理想的なものとなっています。

FCP-1000 (12V, 1000Ah/10Hr)バッテリーユニット

ユニット形式 FCP-1000-12 fcp_1000_12_web
セル数 6 セル
電圧 12V
10時間率容量 1000Ah
公称エネルギー容量 12kWh
寸法 (約) 314(h) x 1141(w) x 505(d)
重量 (約) 500 kg


 

FCP-1000 (48V, 1000Ah/10Hr) バッテリーユニット

ユニット形式 FCP-1000-12 x 4 ユニット fcp_1000_48v_eng_2
セル数 24 セル
電圧 48V
10時間率容量 1000Ah
公称エネルギー容量 48kWh
寸法 (約) 1464(h) x 1141(w) x 560(d)
重量 (約) 2,030 kg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに詳しい情報は、古河電池株式会社ホームページ をご覧ください。

 

UltraBattery® (UB) シリーズ - 船級承認

革新的なハイブリッドバッテリー技術を使い、船級認証された高品質で高性能なバッテリー。古河電池株式会社の日本製バッテリー。

 

独自のウルトラキャパシタ技術を取り入れたハイブリッド電池

UltraBattery の特長:

  • コンデンサは電極レベルで融合
  • 充放電レート向上(当社既存品比1.5倍)
  • 高性能
  • サイクル長寿命
  • メンテナンス不要
  • リサイクル可能

UltraBatteryの構造(古河電池社提供)

 

 

 

 

バッテリータイプ

UB-50-12

      UB-50-12 バッテリー         

電圧

12V

20時間率容量

50Ah

寸法 (約)

220(h) x 363(w) x 128(d) mm

公称エネルギー容量

600Wh

重量 (約)

22 kg

 

 

UltraBattery UB-50-12 バッテリーパック

安全で信頼性があり、リサイクル可能なバッテリーパックは、2.4kWhと3.6kWhの構成でご提供できます。小規模の設置から大規模なエネルギー貯蔵プロジェクトまで、必要な量のエネルギー貯蔵を確保できるよう複数のバッテリーパックを一緒に設置することができます。

UB50-12 ハイブリッドバッテリーパック

 

 

 UltraBattery UB-1000

UltraBattery UB-1000公称電圧:2V
公称エネルギー容量:2000 Wh.

サイクル寿命: 約 4000サイクル (25℃, DOD70%, 1.0C10A)

※ 弊社の推奨使用条件に基づく期待値であり、保証値とは異なります。大容量バッテリーは、個別のユニットとして、あるいは船舶や陸上施設での使用に適した取り付けラックとセットにしてご提供できます。

さらに詳しい情報は、古河電池株式会社ホームページ をご覧ください。

 

 

FC38-12 バッテリー - 船級認証

FC38-12 (12V, 38Ah/20HR) VRLA(制御弁式鉛)バッテリーは、小型のマリンソーラーパワーアプリケーション(例えば約5 kWpまで)に理想的で、バッテリーパックセットとして、あるいは12Vユニット個体としてご提供できます。FC38-12の主な利点は、比較的小型で軽量なため、船上の狭い空間(ただし通気性の良い)への設置に最適です。

バッテリータイプ FC38-12 furukawa_fc38_ship_1
電圧 12V
20時間率容量 38Ah
寸法 (約) 172(h) x 165(w) x 197(d)
自己放電 (25oC時) Less than 0.1% per day
重量 (約) 15.5 kg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

* 寸法単位はmm。

 

その他のバッテリー

古河電池株式会社のホームページやカタログをご覧ください。

その他船舶用鉛蓄電池 (英語版PDF)
産業用蓄電池
カーバッテリー
オートバイバッテリー
航空機用・宇宙開発用・鉄道車両用蓄電池

また、マリンバッテリーと船舶用バッテリー よくあるお問合せ もご覧ください。 

 

 

ub-50-1215me0421

 

 
 

 

         
 

RSS Facebook Follow us E-Mail YouTubelinkedin

 
 
 
 
 
 
hybrid_power_3
Hybrid marine power solutions including solar power save fuel, reduce pollution and are cost effective. Eco Marine Power is at the forefront of developing low emission & fuel saving solutions for ships, Our computer systems also provide a control interface between renewable energy & other systems on-board ships.
solar_wind_2
Eco Marine Power is at the forefront of providing innovative marine renewable energy technologies for shipping that harness the power of the sun & wind. These solutions include Aquarius MRE, EnergySail & Aquarius Marine Solar Power. These reduce fuel consumption, lower noxious gas emissions and deliver cost benefits.
aquarius_mas_icon_1
Aquarius Management & Automation System or Aquarius MAS is a cost effective alarm handling, monitoring & data logging platform suitable for a wide range of ships. The system is based upon the reliable KEI 3240 Data Logger and is class approved. Aquarius MAS can also monitor fuel use & calculate vessel emissions.
design_consulting_1
Our design & consulting services include green ship & eco ship concept designs, renewable energy surveys, renewable energy systems design & consulting support for new ship and retrofit projects. We work with ship owners, ship managers and ship yards to develop the right renewable energy solution for their needs.
続きを読む 続きを読む 続きを読む 続きを読む