船舶用のゼロ・エミッション動力&推進システムの設置準備進行中

2020年4月30日、福岡-エコマリンパワー社(EMP)は本日、Aquarius船舶用再生可能エネルギー(Aquarius MRE®)ソリューションの商業化に向けたもう一つの大きな一歩として、LR2タンカーへの導入に関するフィージビリティ・スタディを開始したと発表しました。このフィージビリティ・スタディは船主と協力して行われ、様々な技術が船上での燃料消費量と排出量をどのように削減できるかを調査します。

フィージビリティ・スタディには、マリングレードのソーラーパネルおよびフレーム、蓄電システム、自動警報・監視システム、EnergySailの設置場所の検討を含みます。現段階では、株式会社寺本鉄工所、古河電池株式会社、ケーイーアイシステム株式会社、富士貿易株式会社の4社が参画しています。
今回のフィージビリティ・スタディに選ばれたLR2タンカーは全長約240メートルで、EMP社がAquarius MRE完全ソリューションの詳細な導入を検討したタイプの船としては最大のものです。Aquarius MREは、自動化された硬帆アレイ、マリングレードのソーラーパネル、蓄電モジュール、充電機器、コンピューターなどが組み込まれたゼロ・エミッション動力&推進システムです。Aquarius MREは、風と太陽の力を利用して再生可能エネルギーを使うことを可能にします。硬帆アレイは、コンピュータシステムにより、その時の気象条件に合わせて自動的に配置され、使用しない時や悪天候時には下げて収納することができます。

今回のフィージビリティ・スタディに選ばれたLR2タンカーは全長約240メートルで、EMP社がAquarius MRE完全ソリューションの詳細な導入を検討したタイプの船としては最大のものです。Aquarius MREは、自動化された硬帆アレイ、マリングレードのソーラーパネル、蓄電モジュール、充電機器、コンピューターなどが組み込まれたゼロ・エミッション動力&推進システムです。Aquarius MREは、風と太陽の力を利用して再生可能エネルギーを使うことを可能にします。硬帆アレイは、コンピュータシステムにより、その時の気象条件に合わせて自動的に配置され、使用しない時や悪天候時には下げて収納することができます。

Aquarius MRE | エコマリンパワーバルク船に設置したAquarius MREのイメージ

硬帆は、EMP社の特許取得済EnergySail®技術を元にしたもので、これら再生可能エネルギー装置は、停泊中や港内でも使用することができます。各EnergySailには、センサー、ソーラーパネル、その他の発電装置を組み合わせることができます。

また、フィージビリティ・スタディには、Aquarius MREを使用して達成できると予想される燃料消費量と排出量の削減のモデリングに加え、船周辺の気流の計算流体力学(CFD)モデリングも含まれています。さらに、どのマリングレードのソーラーパネルがプロジェクトに最も適しているか、また、低消費電力のLED照明やその他の省電力装置を含む追加の機器の実現可能性についても調査しています。

オイルタンカー周辺気流の仮想空洞調査オイルタンカー周辺気流の仮想空洞調査

 フィージビリティ・スタディの準備は2019年に船舶調査をした際に実施され、フィージビリティ・スタディのフェーズは2021年初頭に完了する予定です。2020年内には初期システム試験用の機器が船に設置される可能性があります。

EMP社の革新的な船舶用ゼロ・エミッションのソリューションの詳細については、www.ecomarinepower.com/technologies をご覧ください。

エコマリンパワー社について

エコマリンパワー株式会社(EMP)は、国際性に焦点をあてたテクノロジー企業で、旅客フェリーや調査船、オイルタンカー、貨物船などの船舶用に、再生可能エネルギーを基にした燃料節約と排ガス低減ソリューションを開発しています。これらテクノロジーやソリューションには、AquariusマリンソーラーパワーやEnergySail®や Aquarius MASTM、Aquarius MRE®があります。

エコマリンパワー社についての詳しい情報は www.ecomarinepower.comをご覧ください。

メディアお問合せ

尾島 美紀
Phone: +81 92 287 9677
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

船舶用の革新的なセイルアシスト推進と太陽光発電デバイスのデモンストレーションとさらなる評価テストの準備完了

2020年3月4日-福岡、エコマリンパワー株式会社(EMP)は、EnergySail®のデモンストレーションとテストユニットが、尾道のMarine Tech Test Centre(MTTC)で初公開されたことを発表しました。この実物大の EnergySail は、試作ユニットのアップグレードであり、商用化される小型EnergySail®の1つです。このEnergySailとテストユニットは、EMP社の戦略的パートナーである株式会社寺本鉄工所が製作し、潜在的な顧客向けのデモンストレーションや海上試運転の準備に使用します。

特許取得済みのEnergySail®には、マリングレードのソーラーパネルを取り付けることができるため、船舶にゼロエミッションの補助推進力と電力が提供できます。現在、Aquarius MRE – 船舶用再生可能エネルギーAquarius MRE – 船舶用再生可能エネルギーEMP社は尾道MTTCで太陽光発電(PV)パネルの様々なタイプを評価しており、今年の半ばまでに海上試運転に使用するPVパネルのタイプを決定します。

EnergySail®の柔軟な設計により、船舶のライフサイクル中にアップグレードできるため、必要に応じて新しいテクノロジーを組み込むことができます。また、メンテナンスを余り必要とせず、長年にわたる海上での運用による厳しい条件に耐えられるほど頑丈に設計されています。これらの設計機能は、海岸ベースのテスト中にさらに評価されます。デモンストレーションおよびテストユニットの全体の高さは、上げた状態で約6メートル、未使用時には降ろして保管できます。

EnergySail®は、EMP社のAquarius MRE®(船舶用再生可能エネルギー)ソリューションのコアサブシステムでもあります。沿岸貨物船やばら積み貨物船、タンカー、クルーズ船などの多種多様な船舶用に、Aquarius MREは風力や太陽光、エネルギー貯蔵、船舶用コンピューター技術をスケーラブルなクリーンエネルギーシステムに統合します。Aquarius MREのソーラーパワー・サブシステムは既に船に設置されており、次のステップはこれをEnergySail®技術と組み合わせることになります。完全Aquarius MREソリューションを計画し設置するプロジェクトは進行中で、機尾道MTTCに訪問中のZEABORN Ship ManagementとEnergySail 尾道MTTCに訪問中のZEABORN Ship ManagementとEnergySail 器の設置を今年中に開始する予定です。

EnergySailの査察のため、また、尾道MTTCに設置している船舶用ソーラーパネルやTM-600ジャッキアップリグシステムを含むその他の機器をお見せするためにZEABORN Ship Management Pte. Ltd.(シンガポール)の代表者を歓迎しました。ZEABORN Ship Managementは、ハンブルクとシンガポールの事務所から130隻以上の船舶を管理しています。ZEABORNは、デジタル化と海洋革新プロジェクトへの取り組みに着手し、先進的な所有者の支援を得て、エコマリンパワー社とともに持続可能なエネルギープロジェクトに参加しています。また、今回の訪問には、富士貿易株式会社と古河電池株式会社の代表者も参加しました。

エコマリンパワー社の最高技術責任者であるアトキンソン・グレッグは、「数年を費やし、単にプロトタイプを船に取り付けるのではなく、EnergySailの商用化への展開に取り組んでいます。これは、Aquarius MREソリューションを介して他のシステムと統合することもできる、船級承認された費用対効果の高いセイルアシスト推進システムの準備に注力しているためです。ゼロエミッション電力源として、EnergySailと統合された船級承認取得済みの再生可能エネルギーシステムを設置することは、輸送による温室効果ガスの排出を削減するという点で大きな前進になります」とコメントしています。

EMP社のEnergySailに関する詳細は、www.ecomarinepower.com/energysailをご覧ください。

 

 

Aquarius 管理&自動化システム (MAS) と燃料監視システムを初めて船に搭載

令和元年(2019年)9月4日、福岡-エコマリンパワー株式会社(EMP)は、シンガポールのMasterbulk社が所有する大型一般貨物船「MV Panamana」に搭載した燃料監視システムとAquarius 管理&自動化システム(MAS)の統合を完了し、船上システム用のマルチベンダープラットフォームの作成に向けて、さらに一歩前進しました。

これは、株式会社ケーイーアイシステム(大阪)およびHoppe Marine GmbH社(ドイツ)の協力と、技術的船舶管理と乗組員をZeaborn Ship Management Pte Ltd.(シンガポール)が提供することで、世界で初めて達成することができました。

mas foc consumption 1aMV Panamana 船に搭載されたAquarius MASの燃料消費量・排出ガス計測画面

Aquarius MASはさまざまな船舶に適した、費用対効果の高い燃料消費量(FOC)監視および、警報処理、データログのプラットフォームで、燃料消費量をリアルタイムで報告および記録し、毎日の消費量レポートを作成、船舶の排出量(CO2、SOx)を計測します。また、再生可能エネルギーシステムとMV Panamana船上を監視および管理でき、EMP社のAquarius マリンソーラーパワーソリューションと統合されています。MV Panamana船上システムの統合も、EMP社の特許取得済みAquarius MRE(船舶用再生可能エネルギー)ソリューションの展開に向けた、もう1つの重要なステップでもあります。このAquarius MRE(船舶用再生可能エネルギー)ソリューションは、船上で排出ガスゼロの電力を提供できる硬帆とソーラーパワーシステムです。

Zeaborn Ship Management社(シンガポール)の取締役社長 Charan Singh氏は、「MV Panamana船の船舶管理者として、エネルギー効率を継続的に改善し、日々の運航で最適なパフォーマンスを確保することが、当社が宣言している目的です。これは、当社の管理下にあるすべての船舶に適用されます。燃料消費に関するリアルタイムの情報を提供するシステムは、その点で重要な助けとなります。そのため、Aquarius MASシステムのような革新的な開発を受け入れ、促進しています」と述べています。さらに「このツールの実装を決定することにより、船主Masterbulk社は、その先見性と革新的な強さを証明しました。燃料消費量は、船舶の航海費の大部分を占めるだけでなく、船舶の環境フットプリントに直接影響を与え、ますます重要になっています」とコメントしています。

EMP社のAquarius MASに関する情報は、www.ecomarinepower.com/aquarius-mas をご覧ください。

 

エコマリンパワー社について

エコマリンパワー株式会社(EMP)は、国際性に焦点をあてたテクノロジー企業で、旅客フェリーや調査船、オイルタンカー、貨物船などの船舶用に、再生可能エネルギーを基にした燃料節約と排ガス低減ソリューションを開発しています。これらテクノロジーやソリューションには、AquariusマリンソーラーパワーやEnergySail®や Aquarius MASTM、Aquarius MRE®があります。

エコマリンパワー社についての詳しい情報は www.ecomarinepower.comをご覧ください。

 

メディアお問合せ

尾島 美紀
Phone: +81 92 287 9677
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 

 

待機用および非常用電源などの様々な用途に使用できる新しいバッテリーシリーズ

2019年(令和元年)7月9日、 福岡 – エコマリンパワー株式会社(EMP社)は古河電池株式会社の協力のもと、高性能でリサイクル可能な FCRシリーズのバッテリーが、日本海事協会(ClassNK)の等級船や今後等級船となる船で使用する承認を得たことを発表しました。FCRシリーズのバッテリーは、EMP社のプロジェクト用に使用され、必要に応じて交換用バッテリーとして供給されます。

古河電池社製 FCRシリーズは、再生可能エネルギーシステムでの使用から非常時の電源供給用バックアップエネルギー貯蔵まで、幅広い用途に適しています。もともとは、日本の鉄道システムの厳しい要件を満たすために開発されましたが、そのデザインの頑健性と長いサイクル寿命により、他の用途にも使われるようになりました。

FCRシリーズは安全で信頼性が高く、設置が容易なエネルギー貯蔵オプションであり、他の同様のバッテリー技術と比較して、優れた性能特性を備えています。 また、リチウムイオン電池に代わる、それほど複雑ではない選択肢となります。

当初は船舶用や洋上用として FCR-50-12 と FCR-100-6 が推奨されますが、シリーズの他のバッテリーも要望に応じて利用可能になります。

FCRバッテリー仕様

古河電池社製 FCR-50-12

 古河電池社と EMP社が共同で行った研究プロジェクトでは、船上での FCRシリーズバッテリーの使用により、バッテリー交換コストを50%以上削減できることが示されました。これは、現在船舶で使用されている多くの種類のバッテリーと比較して、FCRシリーズの方が高品質で寿命が長いためです。

日本海事協会(ClassNK)から承認証を受領したことについて、古河電池社の海外戦略本部 海外営業部部長、小高康弘氏は、「日本海事協会の FCRバッテリーの承認は、古河電池社の先進的なバッテリー技術が、鉄道や陸上のエネルギー貯蔵システム、船舶や洋上プラットフォーム用の予備バッテリーなど、幅広い用途にどのように適用できるかという、もう1つの例となります」とコメントし、加えて、「エコマリンパワー社と共同でFCRシリーズを船舶に導入することを楽しみにしており、この高品質で長寿命のバッテリー技術の他の用途も探求していきます」と述べています。

EMP社製品についての更なる情報は、ホームページの製品サイトをご覧ください。www.ecomarinepower.com/products

 

エコマリンパワー社について

エコマリンパワー株式会社(EMP)は、国際性に焦点をあてたテクノロジー企業で、旅客フェリーや調査船、オイルタンカー、貨物船などの船舶用に、再生可能エネルギーを基にした燃料節約と排ガス低減ソリューションを開発しています。これらテクノロジーやソリューションには、Aquariusマリンソーラーパワーや EnergySail®や Aquarius MASTM、Aquarius MRE® があります。

エコマリンパワー社についての詳しい情報は www.ecomarinepower.comをご覧ください。

メディアお問合せ
尾島 美紀
Phone: +81 92 287 9677
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 

 

その他情報
マリンバッテリーと船舶用バッテリー よくあるお問合せ:

https://www.ecomarinepower.com/en/products/133-marine-batteries-and-ship-batteries-faq

 

 

融資決定に気候への配慮を統合、船舶業界がより持続可能な未来へシフトする手助けに

2019年(令和元年)6月19日、福岡 - エコマリンパワー株式会社は、最近発表されたポセイドン原理の導入を称賛しました。ポセイドン原理は、金融機関が船舶業界へ投資を行う際に、気候アラインメントを評価および開示する世界的な枠組みで、ゼロエミッションにも重点を置いています。EMP社の再生可能エネルギーソリューションと設計コンセプトは、この課題を解決するのに理想的なものです。

例えば、EMP社の Aquarius 船舶用ソーラーパワーは既に利用可能で、最近大型貨物船に設置されました。この船舶用ソーラーパワーシステムは、緊急時の補助やバックアップ用に使用できる排出量のないエネルギー源を船舶に提供します。このソリューションに使用するコンピュータ管理システムによって、燃料消費量を記録し、船舶の排出量が計算されます。

ゼロエミッション・ソリューションの開発におけるEMP社の主導的役割のもう1つの例は、Aquarius エコシップTMです。現在進行中である低排出ガスのコンセプト設計プロジェクトは2012年に始まり、特許取得済みの EnergySail® や Aquarius MRE® など、船舶用の革新的な再生可能エネルギーソリューションの開発につながりました。現在、これらのゼロエミッションパワーと推進ソリューションの海上試運転に向けて準備中であり、バルク船、タンカー、クルーズ船、Ro-Ro船を含むさまざまな船に適しています。

eco ship mre solar 1 800x558Aquarius エコシップ | バルク船

 エコマリンパワー社の最高技術責任者、アトキンソン・グレッグは、このポセイドン原理のニュースに関して、「世界各国の銀行による船舶業界の金融と環境基準の関連付けは、よりエネルギー効率の高い船の建造を促進する手助けとなります」とコメントし、加えて、「また、近い将来、ポセイドン原理に排水や廃棄物管理を含む海洋環境全体の保護を考慮に入れることを願っています」と述べています。

 

エコマリンパワー社について
エコマリンパワー株式会社(EMP)は、国際性に焦点をあてたテクノロジー企業で、旅客フェリーやクルーズ船、ばら積み船、オイルタンカー、貨物船などの船舶用に、再生可能エネルギーを基にした燃料節約と排ガス低減ソリューションを開発しています。これらテクノロジーには、Aquarius船舶用ソーラーパワーや、EnergySail®、 Aquarius MASTM、Aquarius MRE®(特許取得済)があります。

エコマリンパワー社についての詳しい情報は www.ecomarinepower.comをご覧ください。

 

メディアお問合せ
尾島 美紀
Phone: +81 92 287 9677
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 

 

 

 

         
 

RSS Facebook Follow us E-Mail YouTubelinkedin

 
 
 
 
 
 
hybrid_power_3
Hybrid marine power solutions including solar power save fuel, reduce pollution and are cost effective. Eco Marine Power is at the forefront of developing low emission & fuel saving solutions for ships, Our computer systems also provide a control interface between renewable energy & other systems on-board ships.
solar_wind_2
Eco Marine Power is at the forefront of providing innovative marine renewable energy technologies for shipping that harness the power of the sun & wind. These solutions include Aquarius MRE, EnergySail & Aquarius Marine Solar Power. These reduce fuel consumption, lower noxious gas emissions and deliver cost benefits.
aquarius_mas_icon_1
Aquarius Management & Automation System or Aquarius MAS is a cost effective alarm handling, monitoring & data logging platform suitable for a wide range of ships. The system is based upon the reliable KEI 3240 Data Logger and is class approved. Aquarius MAS can also monitor fuel use & calculate vessel emissions.
design_consulting_1
Our design & consulting services include green ship & eco ship concept designs, renewable energy surveys, renewable energy systems design & consulting support for new ship and retrofit projects. We work with ship owners, ship managers and ship yards to develop the right renewable energy solution for their needs.
続きを読む 続きを読む 続きを読む 続きを読む