船舶用再生可能エネルギーソリューションが日本海事協会の承認を得て、完全システムの商用化へ

2021年5月26日、福岡 – エコマリンパワー社は、船舶のゼロエミッション電力・推進力ソリューションの実現への重要な一歩として、同社の船舶用再生可能エネルギーシステム 、「Aquarius Marine Renewable Energy with EnergySail」が、日本海事協会(ClassNK)の基本承認(AiP)を取得したことを発表しました。

Aquarius Marine Renewable Energy (MRE/船舶用再生可能エネルギー)は、硬帆、マリングレードのソーラーパネル、エネルギー貯蔵モジュール、充電システム、船舶用コンピューターなどを統合した先進的なシステムで、風力や太陽光を利用することにより、船舶に再生可能エネルギーを取り入れることを可能にします。硬帆アレイはコンピューターシステムにより天候に合わせて自動的に配置され、使用しない時や悪天候時には降ろして収納することができます。

 エコシップ上の Aquarius 再生可能エネルギー デザインコンセプトバルカー船上の Aquarius MRE デザインコンセプトのイメージ

この硬帆はEMP社の EnergySail 技術をベースにしたもので、これらの再生可能エネルギー装置は、船が停泊中や寄港中にも使用することができます。各 EnergySail には、センサーや太陽光発電パネル、その他の発電装置を組み合わせることができます。

日本海事協会の基本承認の範囲には、次の2つの主要なサブシステムが含まれています。

  • EnergySail:硬帆タイプのウインドアシスト推進システムで、セイル構造、駆動システム、自動制御システムを含む。
  • Aquarius マリンソーラーパワー:太陽光発電モジュール、バッテリー、電気システム、制御システムを含む太陽光発電を利用するためのエネルギー管理システム。

これらのサブシステムを統合して Aquarius MRE を構成し、このシステムアーキテクチャの中で、センサーや様々な他の機器も接続することができます。

 日本海事協会がエコマリンパワー社に発行した基本承認日本海事協会がエコマリンパワー社に発行した基本承認

Aquarius MRE 開発プロジェクトには、ケーイーアイシステム、寺本鉄工所、古河電池など、EMP社の戦略的パートナーである企業が多数参加しています。さらに、複数の船主がエコマリンパワー社と協力して、完全システムの海上試験の計画や船上での再生可能エネルギーシステムの使用に関する調査を行っています。

Aquarius MRE の基本承認の取得について、エコマリンパワー社の最高技術責任者(CTO)である
アトキンソン・グレッグは、「日本海事協会による EnergySail を含む Aquarius MRE の承認は、ハードウェア要素だけでなく、統合されたシステムアーキテクチャとコンピューターシステムも対象としているため、私たちのプロジェクトにとって重要な節目となります。当社のスケーラブルで柔軟性のある船舶用再生可能エネルギーシステムは、船舶のゼロエミッション電力と推進力の重要な供給源となり、海運業界が脱炭素化の目標を達成する一助になると確信しています。」とコメントしています。

寺本鉄工所の寺本吉孝社長は、「Aquarius MRE と EnergySail の基本承認を取得したことは、当社にとって重要な出来事であり、再生可能エネルギー分野において、特に舶用製品や海上構造物に関して大きな強みになります。」と述べています。

 

エコマリンパワー株式会社について

エコマリンパワー株式会社(EMP)は、国際性に焦点をあてたテクノロジー企業で、旅客フェリーや調査船、オイルタンカー、貨物船などの船舶用に、再生可能エネルギーを基にした燃料節約と排ガス低減ソリューションを開発しています。これらテクノロジーには、EnergySail®(特許取得済)や Aquarius MAS、Aquarius MRE®(特許取得済)があります。エコマリンパワー社についての詳しい情報は www.ecomarinepower.comをご覧ください。

 

メディアお問合せ
尾島 美紀
Phone: +81 92 287 9677
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 

 

フレキシブルで耐久性のあるユニークな太陽光発電パネル技術の使用により、船舶や海上用途の革新的な太陽光発電ソリューションの開発が可能に。

2021年5月17日、福岡 – エコマリンパワー社(EMP)は、現在進行中の船舶用ゼロエミッション電力および推進力ソリューションの進展の一部として、F-WAVE 株式会社 (F-WAVE)と、革新的な船舶用統合型太陽光発電(SIPV)ソリューションの共同開発を始めたことを発表しました。これらの太陽光発電ソリューションは、F-WAVE社の飛散防止でフレキシブルな太陽光発電技術とEMP社の船舶用太陽光発電システムの開発における豊富な経験が活用されています。

F-WAVE 太陽電池セル構成

F-WAVE社のフレキシブルな太陽電池セルは、独自のSCAF(Series-Connection through Apertures formed on Film)構造を採用し、自由度の高い設可能にしています。また、タンデム(2層)が、広い波長領域の太陽光をフレキシブルな太陽電池セルに吸収することを可能にします。さらに、高温時には結晶系太陽電池では基本的に発電効率が単調に低下するのに比べ、F-WAVE社の太陽電池セルはアニール効果などにより、良好な性能を発揮します。

EMP社のAquariusマリンソーラーパワー・ソリューションは、F-WAVE社のフレキシブルな太陽光発電パネル技術を組み込むのに最適なソリューションです。EMP社が特許を持つEnergySailにカスタマイズしたパネルを取り付け、広島県の尾道MTTCにおいて評価します。

Aquarius 船舶用ソーラーパワー | エコマリンパワー

エコマリンパワー社の最高技術責任者(CTO)であるアトキンソン・グレッグ氏は、F-WAVE社との協力関係について、「F-WAVE社の特許取得済み太陽電池技術を、当社が開発した船舶および海洋用途のソリューションに組み込むことを楽しみにしており、太陽光発電を船舶の設計や構造に組み込む新しい方法を模索しています」と述べています。

EMP社は、船舶用の統合的な太陽光発電ソリューションを開発するのみならず、F-WAVE社の製品が新しい造船プロジェクトに組み込まれるよう世界的にプロモーションを行います。

 

エコマリンパワー株式会社について

エコマリンパワー株式会社(EMP)は、国際性に焦点をあてたテクノロジー企業で、旅客フェリーや調査船、オイルタンカー、貨物船などの船舶用に、再生可能エネルギーを基にした燃料節約と排ガス低減ソリューションを開発しています。これらテクノロジーには、EnergySail®(特許取得済)や Aquarius MAS、Aquarius MRE®(特許取得済)があります。エコマリンパワー社についての詳しい情報は www.ecomarinepower.comをご覧ください。

 

メディアお問合せ
尾島 美紀

Phone: +81 92 287 9677
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 

 

海運、洋上、技術専門家による省エネ、排出削減、脱炭素化のソリューションに関する協議

2021年2月2日、福岡-エコマリンパワー社(EMP)は本日、イノベーションに注力する数社の海運、洋上、技術専門家が、エコマリンパワー研究所のアドバイザリーグループに参加する合意をしたと発表しました。このグループは、エネルギー移行と海運に関連したアイデアやソリューションの交換に焦点を当て、ゼロ排出の船舶から革新的な省エネ装置や戦略に至るトピックについて、さらなる研究を支援していきます。

発起メンバーは、エコマリンパワー社の他に、ADNOC Logistics and Services社、ZEABORN Ship Management Pte. Ltd社(シンガポール)、StarBulk社、古河電池株式会社、株式会社寺本鉄工所。この他にも、海運業界内外からの会員企業を募り、年内にはグループの規模を拡大し、幅広い意見やアイデアを検討できるようにしていく予定です。

Aquarius ゼロ排気船Aquarius エコシップ – エコマリンパワー研究所のプロジェクト

発起メンバーが合意したグループの主な目的は以下のとおり。

  • 船舶の排出量削減、燃料消費量の削減、エネルギー効率の向上に関するアイデアや情報の交換を行う。
  • さらに調査すべき船舶のエネルギー効率に関連したトピックや課題を浮き彫りにする。
  • 海運業界の脱炭素化に向けた移行を促進するために利用可能な技術ベース/運用関連のソリューションを研究する。
  • EMP研究所内の企業に対して、今後の研究開発やソリューション開発プロジェクトに関する指導を行う。
  • 海運業界外に目を向け、船上での使用に適応できる可能性のソリューションについて、どのように海運用に開発できるか、また、他の業界や産業に適用できるかを検討する。

グループの会議や活動は、エコマリンパワー社の最高技術責任者であるアトキンソン・グレッグが取りまとめ、2月中に第1回オンライン会議を開催する予定です。グループへの参加やグループに対してプレゼンテーションを希望される企業は、エコマリンパワー社までご連絡ください。

 

エコマリンパワー株式会社について

エコマリンパワー株式会社(EMP)は、国際性に焦点をあてたテクノロジー企業で、旅客フェリーや調査船、オイルタンカー、貨物船などの船舶用に、再生可能エネルギーを基にした燃料節約と排ガス低減ソリューションを開発しています。これらテクノロジーには、EnergySail®(特許取得済)や Aquarius MAS、Aquarius MRE®(特許取得済)があります。

エコマリンパワー社についての詳しい情報は www.ecomarinepower.comをご覧ください。

 

メディアお問合せ
尾島 美紀
Phone: +81 92 287 9677
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

新しい高性能な型式認証済みコンピューターシステムを使用することで、船舶やオフショアアプリケーションのための様々なゼロ排出ソリューションに、新しい機能を組み込むことが可能になります。

2021年1月21日、福岡 - エコマリンパワー株式会社(EMP社)は本日、現在進行中の製品開発プログラムの一環として、船舶やオフショア向けのゼロ排出ソリューションに船舶用コンピューターシステム「KEI-64S」を組み込むこと、また、他のシステムにも KEI-64S のシステム構築を活用することを発表しました。これらのソリューションには、特許取得済みの EnergySail®、Aquarius マリンソーラーパワー、Aquarius 船舶用再生可能エネルギー (MRE) が含まれます。

KEI-64S は、強靭で最高55℃でも作動するように設計された多機能コンピューターシステムです。1.33GHz デュアル・コア・プロセッサーを搭載し、NMEA、MODBUS、USB2.0、RS-232Cを含む多数の通信プロトコルをサポートするインターフェースユニットを備えています。イーサネットポートを介して船内LANへの接続も可能です。

KEI-64S メインプロセッサーユニットKEI-64S メインプロセッサーユニット

大阪の株式会社ケーイーアイシステムの協力により、この新しいコンピューターは EnergySail 自動制御システム (ACS) の核となる構成要素となります。この制御システムは、各 EnergySail が気象条件に合わせた位置に配置され、必要に応じて下降・収納されるように自動で管理し、各セイルを最適化して、ゼロ排出の推進力と動力を提供することを可能にします。

さらに、KEI-64S は Aquarius 管理&自動化システム (MAS) のメインプロセッサーとして、KEI-3240 コンピューターに取って代わることになります。Aquarius MAS は、監視、アラーム処理、データログの費用対効果の高いプラットフォームで、幅広い船舶に適しています。このシステムはリアルタイムで燃料消費量を監視および記録し、排出量(SOX、NOX、CO2)を計算することができます。また、EMP社の船舶用ソーラーパワーソリューションの管理システムとして、データロガーとして、さらにバッテリー管理システム(BMS)の一部としても使用されます。

KEI-64S メーター表示画面KEI-64S メーター表示画面

EMP社初の KEI-64S ベースのシステムは今年中に導入される予定で、EMP社が開発した全てのソリューションのコンピューターシステムの標準となる予定です。

 

エコマリンパワー株式会社について

エコマリンパワー株式会社(EMP)は、国際性に焦点をあてたテクノロジー企業で、旅客フェリーや調査船、オイルタンカー、貨物船などの船舶用に、再生可能エネルギーを基にした燃料節約と排ガス低減ソリューションを開発しています。これらテクノロジーには、EnergySail®(特許取得済)や Aquarius MAS、Aquarius MRE®(特許取得済)があります。

エコマリンパワー社についての詳しい情報は www.ecomarinepower.comをご覧ください。

メディアお問合せ
尾島 美紀
Phone: +81 92 287 9677
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 

 

高性能な型式認定バッテリーにより、交換コストの削減と安全性の向上に期待

2020年8月18日、福岡 – 古河電池株式会社(以下、古河電池社)とエコマリンパワー株式会社(以下、EMP社)は、船上の非常用バッテリーやバックアップバッテリーの使用調査の結果、船舶のバッテリー交換コストを削減するためのサービスを開始すると発表しました。「船舶用バッテリー交換・管理サービス」と呼ばれるこのサービスは、廃棄物の削減や乗組員の負担軽減、安全性の向上にもつながります。

古河電池社とEMP社は、ここ数年、船舶用再生可能エネルギーソリューションの開発において協力しており、船舶用太陽光発電ソリューションの研究と、その実用化に向けたプロジェクトを共同で進めてきました。これらプロジェクトにおいて型式認定バッテリーを使用して来ましたが、古河電池社のバッテリー技術を船上の他の用途にも活用できる可能性があることが明らかになりました。

例えば、FCRシリーズのバッテリーは24 VDC非常用バックアップバッテリーパックに最適であり、その長寿命の特性によって、現在、非常用バックアップバッテリーとして使用されている他のバッテリーのように頻繁に交換する必要はありません。

さらに、90%がリサイクル可能なため、環境にも優しい選択肢でもあります。FCRシリーズは、安全で信頼性が高く、設置が簡単な蓄電のオプションであり、他の類似のバッテリー技術と比較しても優れた性能特性を持っています。また、リチウムイオン電池の複雑でない代替手段としてお客様にご提供しています。その他にも、UltraBattery®、FCP、FCシリーズなどの型式認定バッテリーをご用意しています。

FCR-50-12の期待される電池サイクル寿命FCR-50-12の期待される電池サイクル寿命

「船舶用バッテリー交換・管理サービス」の一環として、古河電池社とEMP社は、各船に設置されているバッテリーを見直し、交換やアップグレードに関する推奨事項を船主や船舶管理者にご提供します。船上のバッテリーの寿命を延ばすためのテスト計画の詳細も提示し、さらに安全性や保管上の問題についてのアドバイスも行います。

この新しいサービスに関して、古河電池社の海外戦略本部 海外営業部部長、小高康弘氏は、「古河電池社は、船舶での使用に適した型式認定バッテリーを取り揃えており、船舶管理者や船主がコストを削減し、船上で使用するバッテリーの管理方法や交換方法を改善できるよう、エコマリンパワー社と協力して行くことを楽しみにしています」と述べています。

エコマリンパワー社の最高技術責任者(CTO)、アトキンソン・グレッグは、「船上のバッテリーの管理を改善することで、バッテリーの交換コストを削減できるだけでなく、安全性の向上にもつながります。例えば、不適切なタイプや低品質のものを使用したためにバッテリーが爆発したケースや、同じ理由によりたったの数ヶ月でバッテリーが故障したケースを見てきました。非常用バックアップバッテリーが故障した場合、これは明らかに深刻な安全上の問題であり、当社の新サービスを利用することで、このような問題を防ぐことができます」とコメントしています。

 

FCR-50-12 大型貨物船に設置したバッテリーFCR-50-12 大型貨物船に設置したバッテリー

また、バッテリー交換の推奨や交換バッテリーの提供に加え、古河電池社とEMP社は、バッテリーケーブルセットやバッテリースペーサ、バッテリーフレームキット、バッテリーテストユニットの手配も行います。

EMP社の革新的な船舶用ゼロエミッションソリューションについての詳細はこちらをご覧ください。 www.ecomarinepower.com/technologies

 

エコマリンパワー株式会社について

エコマリンパワー株式会社(EMP)は、国際性に焦点をあてたテクノロジー企業で、旅客フェリーや調査船、オイルタンカー、貨物船などの船舶用に、再生可能エネルギーを基にした燃料節約と排ガス低減ソリューションを開発しています。これらテクノロジーには、EnergySail®(特許取得済)や Aquarius MAS、Aquarius MRE®(特許取得済)があります。

エコマリンパワー社についての詳しい情報は www.ecomarinepower.com をご覧ください。

 

メディアお問合せ
尾島 美紀
Phone: +81 92 287 9677
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 

 

         
 

RSS Facebook Follow us E-Mail YouTubelinkedin

 
 
 
 
 
 
hybrid_power_3
Hybrid marine power solutions including solar power save fuel, reduce pollution and are cost effective. Eco Marine Power is at the forefront of developing low emission & fuel saving solutions for ships, Our computer systems also provide a control interface between renewable energy & other systems on-board ships.
solar_wind_2
Eco Marine Power is at the forefront of providing innovative marine renewable energy technologies for shipping that harness the power of the sun & wind. These solutions include Aquarius MRE, EnergySail & Aquarius Marine Solar Power. These reduce fuel consumption, lower noxious gas emissions and deliver cost benefits.
aquarius_mas_icon_1
Aquarius Management & Automation System or Aquarius MAS is a cost effective alarm handling, monitoring & data logging platform suitable for a wide range of ships. The system is based upon the reliable KEI 3240 Data Logger and is class approved. Aquarius MAS can also monitor fuel use & calculate vessel emissions.
design_consulting_1
Our design & consulting services include green ship & eco ship concept designs, renewable energy surveys, renewable energy systems design & consulting support for new ship and retrofit projects. We work with ship owners, ship managers and ship yards to develop the right renewable energy solution for their needs.
続きを読む 続きを読む 続きを読む 続きを読む