Japanese(JP)English (United Kingdom)
 
         

エコマリンパワー社、ブルースターデロス船での Aquarius MAS+ソーラー 実船評価完了

Aquarius MAS+ソーラー 及び Aquarius マリンソーラーパワー、商用化準備完了

2015年6月3日、福岡 ― エコマリンパワー社は、高速旅客カーフェリー、ブルースターデロス船での実船実験が成功した結果を受け、Aquarius MAS+ソーラー 及び Aquarius マリンソーラーパワーの商用化を明らかにしました。

テストおよび評価を行った2015年5月17日、19日の2日間、ブルースターデロス船の再生可能エネルギー革新プロジェクトとして、EMP社とブルースターフェリーの技術者が、デロス船上で Aquarius MAS+ソーラー の性能評価を行いました。

は革新的な船舶用再生可能エネルギーソリューションで、今回の実船実験には、2.3kWpの船舶用ソーラーパネル配列、5.4kWhrのバッテリーパック、MPPTチャージコントローラー、船舶用コンピューターと関連機器およびインターフェイス装置も含まれています。

delos_solar_array_ios_20150519_1b

Aquarius マリンソーラーパワー

デロス船で使用した船舶用コンピューターは、大阪のケーイーアイシステム社と共同開発したAquarius 管理&自動システム(MAS)の一部です。このAquarius MASは、船舶用ソーラーパワー配列、チャージコントローラー、およびバッテリーの作動状況を監視し、船の燃料流量計とGPSユニットに接続する事で、乗組員は燃料消費量情報をAquarius MASからリアルタイムで得ることができ、船のNOx、SOxおよびCO2排気を計算することが可能になります。

また、Aquarius MASは、バッテリーパックの状態や収集したソーラーパワーに関する情報を表示し、ヌーンレポートのデータを記録。さらに、機器の電源のオン/オフや船上にある他の機器を監視することができます。

この2日間のテストと評価は、ブルースターデロス船のエーゲ海航海ルート:ピレウスからパロス、ナクソス、イオス、サントリーニ間の往復航海で行われました。島々での生活に不可欠な海上輸送を提供しながら、また、ギリシャの島々にある人気の観光名所へ、たくさんの旅行客を運びながらの片道16時間の航海でした。

各評価航海では、Aquarius MAS+ソーラーからの出力が、約12.6kWhrであると計算されました。また、システムは、簡単にバッテリーパックの充電や、24V DC LEDライトのテスト荷に昼夜とも電源供給することができました。

実験に使用したバッテリーパックは、古河電池社の提供による12個のFC-38バッテリーで構成されています。また、古河電池社は、EMP社と共に船舶用の他のエネルギー貯蔵ソリューションに取り組んでおり、最近FCP-500やFCP-1000シリーズのバッテリーが日本海事協会の承認を受けました。

システム評価の間に、運行環境のおいての警報処理、他のシステム要素への相互接続性を含む、全ての標準ソフトウェア機能が確認され、ソフトウェアの更新も実施されました。

mas_pv_status_delos_20150519_1d

Aquarius 管理&自動システム

Aquarius MAS+ソーラーは、2014年10月にデロス船に設置され、それ以来、ダウンタイムや不具合が検知されたことはありません。

エコマリンパワー社の最高技術責任者であるアトキンソン・グレッグは、「ブルースターデロス船でのAquarius MAS+ソーラーの評価結果および3月に届いた日本海事協会からの受諾通知を大変嬉しく思っており、商品化への道を開くことになります」とコメントしています。

また「今回の実船実験中の、ブルースターフェリー社のサポートおよびブル―スターデロス船の乗組員の方々のご協力に大変感謝致します」と述べています。

EMP社は船舶やオフショアアプリケーション用にソーラーパワーに焦点を当てた2つのソリューション:Aquarius MAS+ソーラーと Aquarius マリンソーラーパワーを提供します。この2つの大きな違いは、Aquarius MAS+ソーラーは、燃料流量計、GPS、リレーや補助発電機など他の機器との相互接続ができる一方、Aquarius マリンソーラーパワーは基本的にはスタンドアローン型である点です。

6月23日~25日にアムステルダムで開催される「電気・ハイブリッド マリンワールドエキスポ」において、EMP社は25日のプレゼンテーションにて、今回のブルースターデロス船での実船評価の詳細を発表する予定です。また、ケーイーアイシステム社と古河電池社と共同で、Aquarius MAS やその他のテクノロジーも展示します。


エコマリンパワー社について

エコマリンパワー株式会社は、国際性に焦点をあてたテクノロジー企業で、旅客フェリーや調査船、石油タンカー、貨物船などの船舶用に、燃料節約や排出ガス低減ソリューションを開発しています。これらのソリューションは EnergySail や Aquarius 船舶用再生可能エネルギー (MRE) 、Aquarius 管理&自動化システム(MAS)などがあります。

 

また、EMP社は、最新の再生可能エネルギーテクノロジーを取り込んだ持続可能船舶コンセプトを開発しており、「Aquariusエコシップ」や「水上無人船(USV)」など、多数のデザインプロジェクトに取り組んでいます。拠点は福岡。

エコマリンパワー社に関しての詳しい情報はホームページをご覧ください:www.ecomarinepower.com


メディアお問合せ

尾島 美紀
Phone: +81 92 287 9677
E-mail:    このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

※    Aquarius MAS, Aquarius MRE, Aquarius USV および EnergySail はエコマリンパワー株式会社の商標です。

 
         
 

 
 
 
 
 
エコマリンパワー社、ハイブリッドバッテリーパックの販売開始を発表

エコマリンパワー社、ハイブリッドバッテリーパックの販売開始を発表

実証済みハイブリッド技術を搭載したUB-50-12バッテリーパック、船舶およびオフショアプラットフォーム用に完成   2018年6月29日、福岡 - エコマリンパワー社(EMP)は、戦略的パートナーである古河電池(株)と(株)寺本鉄工所の協力を得て、船舶やオフショアおよび陸上の再生可能エネルギープロジェクト用に、UB-50-12 ハイブリッドバッテリーパックの販売を開始したと、本日発表しました。この安全で信頼性のあるリサイクル可能なバッテリーパックは、2.4kWh と 3.6kWh の二つ構成で提供されます。小規模の設置から大規模なエネルギー貯蔵プロジェクトに必要なエネルギー貯蔵量を提供するために、複数のバッテリーパックを同時に取り付けることができます。 バッテリーパックには、古河電池社が提供するUltraBattery®(UB)技術と、寺本鉄工所とエコマリンパワー社が共同開発するバッテリーラックシステムが組み込まれています。このバッテリーラックシステムは、スケーラブルで、EMP社の再生可能エネルギープロジェクトの経験に基づいた設計により簡単に組み立てることができます。各バッテリーパックには、UB-5... Read more
Eco Marine Power at Sea Japan 2018

Eco Marine Power at Sea Japan 2018

First public display of an EnergySail & Hybrid Battery Pack Eco Marine Power (EMP) along with strategic partners Teramoto Iron Works and The Furukawa Battery Company recently exhibited a range of products & technologies at Sea Japan 2018 in Tokyo. A small EnergySail lab prototype was also publicly displayed for the first time along with its Automated Control System (ACS).  The patented EnergySail is a rigid sail device developed by EMP that will allow ships to harness the power of the wind and sun i... Read more
エコマリンパワー社、Aquarius エコシップ プロジェクトを拡大

エコマリンパワー社、Aquarius エコシップ プロジェクトを拡大

革新的な低排気船デザインプロジェクトを、より多くの技術と企業へ開放 2018年4月19日、福岡 – エコマリンパワー株式会社(EMP)は、Aquarius エコシップTMプロジェクトの適用範囲を拡大し、この革新的な低排気船デザインイニシアチブに新しい企業に参画いただく計画を発表しました。計画の一環として、燃料電池、空気潤滑システム、電気推進など、より幅広い技術を研究し、また、プロジェクトに間接的に関係している船主が、より直接的に参加できるように招待します。 Aquarius エコシップのコンセプトデザインは、Aquarius MRE®を使用して、風力と太陽のパワーを活用するために、ばら積み運搬船、石油タンカー、RoRo船、クルーズ船など大型の外洋航行船の設計を最適化することに焦点を当てた、現在進行中の包括的研究です。この研究は2011年5月にエコマリンパワー株式会社(EMP)が開始し、世界的な関心を集めています。   Aquarius エコシップの中心部はAquarius MRE(Marine Renewable Energy:船舶用再生可能エネルギー)です。Aquari... Read more
Star Bulk 社とエコマリンパワー社が再生可能エネルギーの研究を開始

Star Bulk 社とエコマリンパワー社が再生可能エネルギーの研究を開始

Aquarius MREに関する技術を既存船と新造船に導入する可能性に焦点をあてた共同研究 2018年3月21日、福岡 – エコマリンパワー(EMP)社は、再生可能エネルギーソリューションを船舶に引き続き注力する一環として、EMP社の技術を、既存および新造のバルク貨物船に使用する可能性に焦点をあてた共同研究プロジェクトの基本合意書(MOU)を、Star Bulk SA(Star Bulk)社と締結したことを発表しました。 Star Bulk社とEMP社の共同研究では、既存船や新造船にソーラーパネルやバッテリー、その他各種機器を設置する方法についての技術的な案件を扱う予定です。また、選択したルートや特定の船種に応じた再生可能エネルギーによる電力量の見積もりも行います。燃料消費量(FOC)と排出ガス削減量も計算し、貨物取扱いなどの安全性や船舶運行に関連する問題についても考慮します。 株式会社寺本鉄工所と古河電池株式会社も、カスタマイズされたバッテリーラックと自己完結型の船舶用バッテリーハウジングモジュールの両方を使用する船舶に、バッテリーを取り付けるための最良の選択肢などの案... Read more
古河電池社、船舶用バッテリーの認定供給業者に

古河電池社、船舶用バッテリーの認定供給業者に

エコマリンパワー社による工場検査、評価試運転および試験を経て認定取得 平成30年2月19日 福岡 – エコマリンパワー株式会社(EMP)は本日、船舶および海洋構造物用バッテリーの供給業者として、古河電池株式会社を正式に認定したことを発表しました。この認定は、ハイブリッド制御弁式鉛「UltraBattery®」を含んだバッテリー技術の範囲におよびます。 古河電池社とEMP社は、2014年に協力関係が始まり、共同事業の「ブルースターデロス再生可能エネルギープロジェクト」では、古河電池社がFC-38-12バッテリーパックを高速フェリー・ブルースターデロス船に提供しました。それ以来、二社の協力関係は、UltraBattery® シリーズを含む、その他のバッテリー技術の評価におよぶ範囲まで拡大しています。最近、最初の船舶用UB-50-12バッテリーパックが製作されました。これらの高品質で安全なバッテリーは、再生可能エネルギープロジェクトに理想的であり、長いサイクル寿命を備えています。 認定の過程には、バッテリーの型式ごとに日本海事協会からの承認、古河電池社の今市開発センター(栃木県日光市)での検査、IS... Read more
エコマリンパワー社と寺本鉄工所が 特許ライセンス契約に署名

エコマリンパワー社と寺本鉄工所が 特許ライセンス契約に署名

  2018年1月23日、福岡 – エコマリンパワー株式会社(EMP)は、同社の EnergySail® および Aquarius MRE® 技術に関連する特許について、株式会社寺本鉄工所と特許ライセンス契約を締結したと発表しました。 寺本鉄工所は、硬帆の生産経験があり、1980年代にJAMDA帆の製造に携わった数少ない企業の1社です。2016年にはEMP社の EnergySail 生産バージョンの製造を任されることが決まっており、このライセンス契約により、海上試運転が完了した時点で、完全な商用生産への道が開かれることになります。 特許取得済みの EnergySail は、風力を利用することで船舶の燃料消費量を削減し、船舶排出量を低減することを可能にする自動化された硬帆装置です。また、フレキシブルなマリングレードのソーラーパネルやその他の機器を取り付けることができ、船舶の電力システムで使用される電力やバッテリーの充電に使うことができます。その他にも、EnergySail アレイを EMP社のAquarius MRE(船舶用再生可能エネルギー)ソリューションに組み込むこともできます。 このライセンス契約の締結につい... Read more
Eco Marine Power to Study Use of Artificial Intelligence in Research Projects

Eco Marine Power to Study Use of Artificial Intelligence in Research Projects

Neural Network Console provided by Sony Network Communications to be utilised to improve control algorithms and analyse research data Fukuoka, Japan – 8th December 2017 – To further enhance its research capabilities Eco Marine Power announced today that it will begin using the Neural Network Console provided by Sony Network Communications Inc., as part of a strategy to incorporate Artificial Intelligence (AI) into various ongoing ship related technology projects including the further development of the patented... Read more
Aquarius MREプロジェクト、船主と海上試運転の準備へ

Aquarius MREプロジェクト、船主と海上試運転の準備へ

世界初、特許を持つ硬帆とソーラーパワーシステムを2018年中に展開 2017年7月26日、福岡 - エコマリンパワー株式会社(EMP社)は、戦略的パートナーおよび、船主である久福汽船株式会社(尾道市)と協力して、Aquarius MRE (船舶用再生可能エネルギー)ソリューションの海上試運転の準備を開始したと発表しました。これによりEMP社のEnergySail®などの特許技術を使用した硬帆およびソーラーパワーの統合システムが、世界で初めて搭載されることになります。これは海運業界にとって、より持続可能な未来に向けた大きな前進であり、沿岸の貨物船からばら積み鉱石運送船やクルーズ船まで、より広範にEMP社のソリューションが展開するようになると期待されています。   M/V Belgrano - Aquarius MRE System候補船の1つ 現在、Belgrano船、Nord Gemini船、Bulk Chile船を含む数隻の大型ばら積み貨物船に関するフィージビリティ・スタディを実施しています。EnergySail配列によって得られる推進力の推定値は、各船... Read more
エコマリンパワー社、Aquarius MAS+Solarの供給に関する覚書を締結

エコマリンパワー社、Aquarius MAS+Solarの供給に関する覚書を締結

含まれるソリューションはマリンソーラーパワー、コンピューターシステム、データログパッケージ 福岡 – 2017年5月18日 – エコマリンパワー株式会社 (EMP) は本日、Aquarius MAS(管理&自動化システム)+ Solarソリューションの提供に関して、シンガポールの海運会社と覚書を締結したと発表しました。このソリューションには、燃料消費量をリアルタイムで監視し、NOx / SOx / CO2排出量を自動的に計算し、マリンソーラーパワーシステムとのインタフェースを可能にするハードウェアおよびソフトウェアも含まれます。 当初は1隻の船にAquarius MAS + Solarソリューションを設置し、その性能を共同で評価して行きます。 Aquarius MASは、費用効率の高い燃料消費量監視、警報処理、データログラットフォームで、様々な船舶に適しています。 このシステムは、タグボート、訓練船、タンカー、ばら積み鉱石運搬船など多数の船舶に既に使用されている信頼性の高い頑丈なKEI3240データロガーを基にしています。EMP社のマリンソーラーパワーソリューションは、船舶用コンピューター、バッテリー... Read more
エコマリンパワー社と戦略的パートナー、オフショア産業向けに再生可能エネルギーソリューションを提供

エコマリンパワー社と戦略的パートナー、オフショア産業向けに再生可能エネルギーソリューションを提供

マリンソーラーパワー、バッテリー、取付けフレーム、コンピューターシステムをジャッキアップリグやオフショア・プラットフォーム向けにカスタマイズ 福岡 – 2017年4月26日 – 海洋業界に再生可能エネルギーソリューションをもたらす戦略の一部として、エコマリンパワー(EMP)社は戦略的パートナーと共に、オフショア風力プラットフォーム、石油リグ、ジャッキアップシステムなどのオフショア業界向けの製品とソリューションを提供することになりました。これらの製品およびソリューションには、マリンソーラーパワー、バッテリー、統合監視システム、エンジニアリングおよび設計サービスが組み込まれています。 海上使用に承認されたバッテリーは古河電池(株)の協力により、当初は古河サイクルパワー(FCP)シリーズとUltraBattery(UB)シリーズが供給されます。このバッテリシリーズはいずれもVRLA(制御弁式鉛)技術に基づいており、信頼性、安全性、費用効率が高く、90%以上がリサイクル可能です。尾道MTTC(Marine Tech Test Center)でのマリンソーラーパワー・デモンストレーションシステム用には、UB-50-12バッテ... Read more
 
hybrid_power_3
Hybrid marine power solutions save fuel, reduce pollution and are cost effective. Eco Marine Power is at the forefront of developing low emission & fuel efficient solutions for shipping and has a range of innovative technologies available now. Our computer systems also provide a control interface between renewable energy & other power systems on-board ships.
solar_wind_2
Eco Marine Power is at the forefront of developing and supplying innovative marine renewable energy technologies for shipping which harness the power of the sun & wind. These solutions include our Aquarius MRE, EnergySail & Aquarius Marine Solar Power. These solutions reduce fuel consumption, lower noxious gas emissions and deliver cost benefits.
aquarius_mas_icon_1
The Aquarius Management and Automation System or Aquarius MAS is a cost effective alarm handling, monitoring, process handling and data logging platform suitable for a wide range of ships. The system is based upon the reliable and robust KEI 3240 Data Logger and is class approved. The Aquarius MAS can also monitor fuel use & calculate vessel emissions.

design_consulting_1
Finding the right solar, wind, electric or hybrid marine power solution can be a daunting task so Eco Marine Power works with shipyards and ship owners to help them find the best system for their needs. EMP also developments low emission & sustainable shipping concepts and designs using marine renewable energy technologies & advanced computer systems.
続きを読む 続きを読む 続きを読む 続きを読む