Japanese(JP)English (United Kingdom)
 
         

エコマリンパワー社、ブルースターデロス船での Aquarius MAS+ソーラー 実船評価完了

Aquarius MAS+ソーラー 及び Aquarius マリンソーラーパワー、商用化準備完了

2015年6月3日、福岡 ― エコマリンパワー社は、高速旅客カーフェリー、ブルースターデロス船での実船実験が成功した結果を受け、Aquarius MAS+ソーラー 及び Aquarius マリンソーラーパワーの商用化を明らかにしました。

テストおよび評価を行った2015年5月17日、19日の2日間、ブルースターデロス船の再生可能エネルギー革新プロジェクトとして、EMP社とブルースターフェリーの技術者が、デロス船上で Aquarius MAS+ソーラー の性能評価を行いました。

は革新的な船舶用再生可能エネルギーソリューションで、今回の実船実験には、2.3kWpの船舶用ソーラーパネル配列、5.4kWhrのバッテリーパック、MPPTチャージコントローラー、船舶用コンピューターと関連機器およびインターフェイス装置も含まれています。

delos_solar_array_ios_20150519_1b

Aquarius マリンソーラーパワー

デロス船で使用した船舶用コンピューターは、大阪のケーイーアイシステム社と共同開発したAquarius 管理&自動システム(MAS)の一部です。このAquarius MASは、船舶用ソーラーパワー配列、チャージコントローラー、およびバッテリーの作動状況を監視し、船の燃料流量計とGPSユニットに接続する事で、乗組員は燃料消費量情報をAquarius MASからリアルタイムで得ることができ、船のNOx、SOxおよびCO2排気を計算することが可能になります。

また、Aquarius MASは、バッテリーパックの状態や収集したソーラーパワーに関する情報を表示し、ヌーンレポートのデータを記録。さらに、機器の電源のオン/オフや船上にある他の機器を監視することができます。

この2日間のテストと評価は、ブルースターデロス船のエーゲ海航海ルート:ピレウスからパロス、ナクソス、イオス、サントリーニ間の往復航海で行われました。島々での生活に不可欠な海上輸送を提供しながら、また、ギリシャの島々にある人気の観光名所へ、たくさんの旅行客を運びながらの片道16時間の航海でした。

各評価航海では、Aquarius MAS+ソーラーからの出力が、約12.6kWhrであると計算されました。また、システムは、簡単にバッテリーパックの充電や、24V DC LEDライトのテスト荷に昼夜とも電源供給することができました。

実験に使用したバッテリーパックは、古河電池社の提供による12個のFC-38バッテリーで構成されています。また、古河電池社は、EMP社と共に船舶用の他のエネルギー貯蔵ソリューションに取り組んでおり、最近FCP-500やFCP-1000シリーズのバッテリーが日本海事協会の承認を受けました。

システム評価の間に、運行環境のおいての警報処理、他のシステム要素への相互接続性を含む、全ての標準ソフトウェア機能が確認され、ソフトウェアの更新も実施されました。

mas_pv_status_delos_20150519_1d

Aquarius 管理&自動システム

Aquarius MAS+ソーラーは、2014年10月にデロス船に設置され、それ以来、ダウンタイムや不具合が検知されたことはありません。

エコマリンパワー社の最高技術責任者であるアトキンソン・グレッグは、「ブルースターデロス船でのAquarius MAS+ソーラーの評価結果および3月に届いた日本海事協会からの受諾通知を大変嬉しく思っており、商品化への道を開くことになります」とコメントしています。

また「今回の実船実験中の、ブルースターフェリー社のサポートおよびブル―スターデロス船の乗組員の方々のご協力に大変感謝致します」と述べています。

EMP社は船舶やオフショアアプリケーション用にソーラーパワーに焦点を当てた2つのソリューション:Aquarius MAS+ソーラーと Aquarius マリンソーラーパワーを提供します。この2つの大きな違いは、Aquarius MAS+ソーラーは、燃料流量計、GPS、リレーや補助発電機など他の機器との相互接続ができる一方、Aquarius マリンソーラーパワーは基本的にはスタンドアローン型である点です。

6月23日~25日にアムステルダムで開催される「電気・ハイブリッド マリンワールドエキスポ」において、EMP社は25日のプレゼンテーションにて、今回のブルースターデロス船での実船評価の詳細を発表する予定です。また、ケーイーアイシステム社と古河電池社と共同で、Aquarius MAS やその他のテクノロジーも展示します。


エコマリンパワー社について

エコマリンパワー株式会社は、国際性に焦点をあてたテクノロジー企業で、旅客フェリーや調査船、石油タンカー、貨物船などの船舶用に、燃料節約や排出ガス低減ソリューションを開発しています。これらのソリューションは EnergySail や Aquarius 船舶用再生可能エネルギー (MRE) 、Aquarius 管理&自動化システム(MAS)などがあります。

 

また、EMP社は、最新の再生可能エネルギーテクノロジーを取り込んだ持続可能船舶コンセプトを開発しており、「Aquariusエコシップ」や「水上無人船(USV)」など、多数のデザインプロジェクトに取り組んでいます。拠点は福岡。

エコマリンパワー社に関しての詳しい情報はホームページをご覧ください:www.ecomarinepower.com


メディアお問合せ

尾島 美紀
Phone: +81 92 287 9677
E-mail:    このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

※    Aquarius MAS, Aquarius MRE, Aquarius USV および EnergySail はエコマリンパワー株式会社の商標です。

 
         
 

 
 
 
 
 
風力と太陽光の船舶への利用に関する世界的研究

風力と太陽光の船舶への利用に関する世界的研究

エコマリンパワー社の特許取得済み技術を大型商船へ活用する研究 平成29年2月8日、福岡 - エコマリンパワー社は複数の船社および技術パートナーと協力して、特許取得済みの EnergySail および Aquarius MRE 技術の実用化に焦点を絞った詳細な研究を開始したことを発表しました。この研究では、さまざまな船舶に搭載された EnergySail やAquarius MRE を基にしたソリューションの設置に関するエンジニアリングの側面と、期待される燃料消費(FOC)およびCO2の削減量の調査を行います。燃料電池を使用する可能性も含め、エネルギー貯蔵オプションについても研究します。 エコマリンパワー社と共に現在この研究に携わっている企業は、株式会社寺本鉄工所(広島県尾道市)、株式会社ケーイーアイシステム(大阪市)、古河電池株式会社(横浜市)の3社。守秘義務の関係から、現時点では研究に参加している船会社の名前は公表できませんが、その船会社の運航ルートは、アジア、ヨーロッパ、オーストラリア、北アメリカ、南アメリカ、アフリカまで広がっています。内航ケミカルタンカーから大型RoRo船、ばら積み貨物船... Read more
エコマリンパワー社が硬帆装置の特許取得

エコマリンパワー社が硬帆装置の特許取得

海洋業界にクリーンパワーを供給しCO2排出を低減する革新的硬帆 2016年10月26日、福岡 - 船舶用の低燃費低排ガスソリューションを開発するエコマリンパワー株式会社は、EnergySail®技術のコア要素をカバーする特許を取得したと発表しました。この特許取得により技術ライセンスを前進させ、EnergySail®とその関連する技術の商用生産を2018年から始めることができるようになりました。 EnergySail®はソーラーパネルや風力装置などの様々な再生可能エネルギー技術を取り付けることができる先進的な硬帆装置です。船舶用に特別にデザインされた、実に独特の再生可能エネルギープラットフォームで、貨物船やRoRo船から旅客フェリーや沿岸警備船に至る幅広いタイプの船舶に適しています。EnergySail®は、船のライフサイクルの間に、新しい技術が利用できるようになった時には、アップグレードにより新技術を簡単に取り入れられるよう柔軟性のあるデザインになっています。 EnergySailアレイ(特許資料より) 今回取得した特許(特許第6020995号)では、EnergySai... Read more

Electric & Hybrid Marine World Expo 2016 Exhibitor Interview

Electric & Hybrid Marine World Expo 2016 Exhibitor Interview – Eco Marine Power Greg Atkinson, chief executive officer, Eco Marine Power, Japan, talks about the company, which is leading a number of R&D projects focused on developing cost-effective commercial solutions for utilising wind power and solar energy on vessels such as bulk ore carriers, cargo ships, oil tankers, passenger ferries, USVs and naval frigates. Electric & Hybrid Marine World Expo 2016 exhibitor interview – Eco Marine Po... Read more
燃料消費量と排出ガスモニタリングソフトのアップデート版を配信

燃料消費量と排出ガスモニタリングソフトのアップデート版を配信

配信燃料消費量と排出ガスをリアルタイムに報告し記録する新しいソフトを、ブルースターデロス船に設置のAquarius MAS にインストール 2016年7月22日、福岡 – 現在進行中のブルースターデロス船再生可能エネルギー革新プロジェクトの一部として、エコマリンパワー(EMP)社は、ブルースターデロス船上に設置されたAquarius 管理&自動化システム(MAS)を、新しい燃料消費量(FOC)と排出ガスモニタリングソフトにアップデートしたことを発表しました。 Aquarius MAS ハードウェアと組み合わせた更新ソフトにより、船上の全流量計からの燃料消費データをリアルタイムで表示し記録する事が出来ます。さらに、使用している燃料を基準として、排出されるCO2やNOx、SOxも計算されます。データは毎分記録され、専用のGPSユニットへの接続を通して、船の位置や速度も表示され記録されます。特別な期間や航海の燃料消費量を監視できるようにトリップメーターも利用できます。 デロス船の燃料消費量/排出ガスモニタリングソフトは、2014年に設置したパワー出力や船舶用ソーラーパワーシステム(バッテリーを含む)の状況をモニター... Read more
エコマリンパワー社が米国特許を取得

エコマリンパワー社が米国特許を取得

米国における共同開発プロジェクトを検討 2016年7月4日福岡 - エコマリンパワー株式会社は、海上輸送に再生可能エネルギーを取り組むもう一つの主要なステップとして、同社の船舶用風力併用ソーラーパワーシステムに関連する技術「Aquarius MRE®」が、米国の特許を取得したことを発表しました。この結果を受けて、EMP社は米国における共同開発プロジェクトの機会を調査するつもりで、いくつかのオプションを検討しています。 EMP 社の Aquarius MRE® に関する技術は、クルーズ船やRo-Ro 船、大型フェリー、自動車運搬船などの既存デザインの船舶や、Aquarius エコシップなどの未来デザインコンセプト船に組み込むことができます。Aquarius MRE® 技術は、無人水上船(USV)や海軍船、沿岸警備船、オフショア再生可能エネルギープロジェクトなどのアプリケーションにも適しています。Aquarius MRE®は、風と太陽から得られるパワーを利用し、船に再生可能エネルギーを利用できる、硬帆とマリングレードソーラーパネル、エネルギー貯蔵モジュール、船舶用コンピューターの先進的統合システムです。コンピューターシス... Read more
初の EnergySail 製造に着手

初の EnergySail 製造に着手

風が補佐する推進力を、自動化された硬帆で再び海上輸送に。 2016年4月8日、尾道市 - 船舶に硬帆技術を再び使うことへの重要な次のステップとなる EnergySail。エコマリンパワー株式会社(EMP)は、その EnergySail の製造を広島県尾道市で開始したことを発表しました。工場生産される初の EnergySail は、EMP社の戦略的パートナーである株式会社寺本鉄工所が製造します。 EnergySail®(特許出願中)は、自動化された硬帆装置で、船で風力を利用することを可能にすることで、燃料消費と排出ガスを削減します。また、マリングレードのソーラーパネルやその他の装置を取り付けたり、バッテリーの充電に使用したりすることもでき、また、EMP社の Aquarius MAS +ソーラーソリューションに電力を入れることも可能です。 EnergySail は、長期的にEMP社の特許製品「Aquarius MRE system」の重要な要素になります。Aquarius MRE®は、硬帆やソーラーパネル、エネルギー貯蔵モジュール、センサー、船舶用コンピューターの先進統合システムで、風や太陽によって得られる力を利用し、... Read more
マリンソーラーパワーの製品レンジを発表

マリンソーラーパワーの製品レンジを発表

船舶および海洋アプリケーション用の革新的ソーラーパワーソリューションと製品 2016年2月16日、福岡 - エコマリンパワー(EMP)社は本日、様々なマリンソーラーパワーソリューションと関連製品を完成させたことを発表しました。これらソリューションには、Aquarius マリンソーラーパワーやAquarius MAS+ソーラーに加え、承認済み船舶用バッテリーや船舶用ソーラーパネルフレームキットなどのスタンドアロン製品もあります。 EMP社のマリン ソーラーパワーソリューションは、太陽エネルギーを収集する以上のことを行う、船舶用コンピューターネットワーク、充電器、蓄電器、その他装置やセンサー への接続などを含めた統合システムです。このソリューションは、旅客フェリーやクルーズ船、ばら積み鉱石運搬船、沖合サポート船などを含む様々なタイプの 船に使用できます。 Aquariusマリンソーラーパワーは、船上にある他のシステムには接続しないスタンドアロン型で、DC荷に接続、もしくは、インバーター経由でAC荷に接続するDC出力を提供します。 Aquarius MAS+ソーラーには、Aquariusマリンソーラーパワーソリューションの... Read more
Jastram Technologies社とエコマリンパワー社、協定書に署名

Jastram Technologies社とエコマリンパワー社、協定書に署名

製品およびサービスをカナダ海運産業へ導入協力 2016年1月27日、福岡 - エコマリンパワー(EMP)社は、カナダの Jastram Technologies 社と、販売サポート協定を結んだことを発表しました。この協定により、EMP社はカナダの海運・オフショア分野に様々な製品やサービスを提供するための道筋をつける事になります。 Jastram Technologies 社は1983年から海洋産業へ品質の高い機器とサービスを提供しています。カナダ全域:ブリティッシュコロンビア、オンタリオ、ケベック、ノヴァスコシアに戦略的に事業所を置いています。EMP社とのプロジェクトに取り組み、Aquarius マリンソーラーパワーや Aquarius 管理&自動化システムなどの新製品をカナダ海運市場に導入するために理想的な場所にあります。 協定書に署名するにあたり、Jastram Technologies 社の Warwick Green 社長は、「エコマリンパー社との提携をとても誇りに思います。パートナー企業と強く連携した同社の再生可能エネルギーに対する非常に革新的なアプローチにより、今後も増えていく我々の顧客に更なる選択肢... Read more
エコマリンパワー社がAquarius MREシステムの特許を取得

エコマリンパワー社がAquarius MREシステムの特許を取得

特許承認により船舶用風力併用ソーラーパワーシステムの商用生産の道が開かれる 2015年10月5日、福岡 ー エコマリンパワー株式会社(EMP)は、革新的な船舶用風力併用ソーラーパワーソリューションである Aquarius MRE(船舶用再生可能エネルギー)システムに関する特許が、日本国内において付与されたと発表しました。Aquarius MREシステム/Aquarius MRE は、硬帆とソーラーパネル、エネルギー貯蔵モジュール、船舶用コンピュータープラットフォームの高度な統合システムで、風と太陽から得られるエネルギーを使うことで、船に再生可能エネルギーを利用することが可能になります。 Aquarius MRE システムイメージ Aquarius MRE システムに使用される硬帆は、EnergySail®(特許出願中)のテクノロジーを基にしています。EMP社の EnergySail テクノロジーは大阪の Aquarius イノベーションラボにて、実現可能性テストおよび機能テストに合格しており、EnergySail の生産センターが尾道の寺本鉄工所になることを今年始めに発表しており... Read more
再生可能エネルギー電池ソリューションが船舶への搭載可能に

再生可能エネルギー電池ソリューションが船舶への搭載可能に

日本の大手製造会社の高品質電池が船舶での使用承認を取得 8月25日、福岡 ― エコマリンパワー株式会社(EMP)は、古河電池株式会社の協力により、船上での使用や、船舶関係アプリケーション(例えばオフショア・プラットホームや再生可能エネルギープロジェクト)で使用するための様々な船舶用電池ソリューションを提供できるようになったと発表しました。この高品質で長寿命の古河電池社製電池は、EMP社の評価に加え、日本海事協会から船級での使用を承認されました。 古河電池社が提供する3つの主な電池タイプは、Aquariusマリンソーラーパワーと Aquarius MAS +ソーラーソリューションパッケージとしてEMP社も使用して行きます。 これらの電池技術についての詳細は次のとおりです。 船上に設置されたFC38-12電池 FC38-12:FC38-12 VRLA電池 (制御弁式鉛蓄電池) は、小型マリンソーラーパワーアプリケーション(例えば約5kWpまで)で、電池パックセットとしても、12Vユニット個体としても使用できます。FC38-12の主要な利点としては、比較的小型で軽量なため、船上の狭... Read more
 
hybrid_power_3
Hybrid marine power solutions save fuel, reduce pollution and are cost effective. Eco Marine Power is at the forefront of developing low emission & fuel efficient solutions for shipping and has a range of innovative technologies available now. Our computer systems also provide a control interface between renewable energy & other power systems on-board ships.

solar_wind_2
Eco Marine Power is at the forefront of developing and supplying innovative marine renewable energy technologies for shipping which harness the power of the sun & wind. These solutions include our Aquarius MRE System, EnergySail & Aquarius Marine Solar Power which reduce fuel consumption, lower noxious gas emissions and deliver cost benefits.

aquarius_mas_icon_1
The Aquarius Management and Automation System or Aquarius MAS is a cost effective alarm handling, monitoring, process handling and data logging platform suitable for a wide range of ships. The system is based upon the reliable and robust KEI 3240 Data Logger and is class approved. The Aquarius MAS can also monitor fuel use & calculate vessel emissions.

design_consulting_1
Finding the right solar, wind, electric or hybrid marine power solution can be a daunting task so Eco Marine Power works with shipyards and ship owners to help them find the best system for their needs. EMP also developments low emission & sustainable shipping concepts and designs using marine renewable energy technologies & advanced computer systems.
readmore_bluebut readmore_redbut readmore_bluegraybut readmore_bluegraybut