アドバイザリーボートは、EMP社のプロジェクトや経営戦略を定期的にレビューするための、経験豊富なエグゼクティブや有識者から成る顧問委員会です。

エコマリンパワー社の現在のアドバイザリーボードのメンバーをご紹介いたします。

 

中川 司 氏 [株式会社ケーイーアイシステム  会長]

nakagawa_kei中川司氏は、日本最大の船舶用電気会社である寺崎電気産業株式会社に1968年に入社し、そのキャリアをスタートさせました。在籍中には、多重伝送システム(世界初)を開発し、マイクロコンピューター関連技術に取り組みました。

1986年、寺崎電気産業株式会社を退職し、初代社長となる河井五夫氏と共にケーイーアイシステム株式会社を設立。ケーイーアイシステム社では、船舶用コンピューターシステムの開発に携わり、ディーゼルエンジンコンピューター監視システムを開発し、そのプロジェクトを製品化へと導きました。その後、そのタイプとしては日本で初となる、バルブ遠隔制御システムを適用した船舶用コンピューターの商品化に成功しました。このシステムは、その種の製品の日本における95%の市場シェアを持ち、ケーイーアイシステム社の主力製品となりました。

2001年、社長に就任し、4年の間に売り上げを倍増させ、収益を増やしました。船上での火や油漏れなどの危険な状況を感知することが出来る"歩行ロボット"の開発など、絶えることなく新製品デザイン開発に勤しんできました。

2014年、ケーイーアイシステム社の社長を退任し、会長として就任しました。

中川氏は、船舶用コンピューターシステムのソフトウェアとハードウェア両方に鋭い視野と幅広い経験を持っています。余暇には、釣りやスキー、ウルトラマラソンを楽しんでいます。

 

寺本 吉孝 氏 [株式会社寺本鉄工所 代表取締役社長]

teramoto_160x160寺本吉孝氏は、2003年、株式会社寺本鉄工所の代表取締役社長に就任。
現在に至ります。

寺本鉄工所は彼の祖父が創業。クレーン部品を中心として製造し、2014年に80周年を迎えました。寺本鉄工所は、国内における舶用デリッククレーンの市場シェアは90%、デッキクレーンのポストの製造シェアは約50%を誇る会社です。

趣味は、映画観賞とジョギングです。

 

 

 

松本  英徳  氏 [公認会計士 松本英徳事務所  所長]

Matsumoto松本英徳氏は、太田昭和監査法人(Ernst & Young Shinnihon LLC:現在の新日本有限責任監査法人)に1998年に入所し、そのキャリアをスタートさせました。在籍中は上場企業(銀行、商社、メーカー[化学、アルミ、家電、ビール、鉄鋼、等]、建設業、鉄道業、ホテル業、IT産業、上場準備会社ほか)を中心に会計監査実務に従事する一方、公会計分野(独立行政法人、国立大学法人、公的病院、地方公営企業、自治体監査)の実務や我が国の公会計基準等の制定・改定作業への参加などに取り組みました。

2011年に新日本有限責任監査法人を退職後、税理士法人勤務を経て松本氏の故郷である九州に公認会計士松本英徳事務所を開業。

銀行監査の実務を通して身に着けた金融機関側の目線を踏まえた顧問先指導を強みとして同族企業の経営から事業承継・2次相続対策に至るトータルサポートを展開しています。

余暇は映画観賞や遠出のドライブに親しむほか、最近は再び始めたゴルフを楽しんでいます。

公認会計士松本英徳事務所ホームページ


鈴木 章仁  氏 [株式会社イーエルティ CEO]

akihito_suzuki_profile

鈴木 章仁氏は、日本やインドネシア、米国において、モバイル・テレコミュニケーションとモバイル・メディアに関連した任務に取り組み、25年以上の経験を持つ、テクノロジー・プロジェクト管理、ビジネス開発の専門家です。

現在までに、製品管理やモバイル端末開発の国際的経営戦略、製品サービス計画などを含む、数々の管理職や経営陣任務を担いました。

2014年、日本の大手通信会社での上級管理職を辞任し、コンサルティング会社「株式会社イーエルティ」を起業しました。株式会社イーエルティは、国内外のモバイル企業に対して、コンサルティングサービスを提供します。

エンジニアリングの学位に加え、鈴木氏は、公認プロジェクト管理専門家(PMP)の資格も有しています。

余暇には、サイクリングやスイミング、旅行を楽しんでいます。

 

 

アトキンソン  グレッグ [エコマリンパワー株式会社創設者・最高技術責任者]

greg_atkinson_eco_marine_powerグレッグはエコマリンパワー社の設立者で、新コンセプトのデザインや製品開発、システムデザイン、戦略的アライアンス、マーケティングに携わっています。

彼のデザインやコンセプトには、アクエリアスMREシステムやEnergySail、とんぼハイブリッドフェリー、めだかソーラーエコフェリー、アクエリアスエコシップ、アクエリアス船舶ロボット船などがあります。

エコマリンパワー設立前は、約12年間、テレコミュニケーション業界で勤務し、オーストラリアや日本の数々の主要な多国籍企業において、管理職としての役割を担って来ました。その間に、大規模な国家携帯ネットワーク配備などの複雑な技術プロジェクトを含む、いくつかの複雑な技術的なプロジェクトを掌理しました。また、プロジェクト管理や製品管理、製品開発、ネットワークサポート、マーケティングといった分野でも歴任しました。

テレコミュニケーション分野での経歴の前は、オーストラリア海軍のエレクトロニクス工学部門に10年間従事し、護衛駆逐艦HMAS Derwent & HMAS Stuart の乗船任務に就きました。

経営学修士(MBA)、工学技術の学士(B.Sc)、電気システム保守のアソシエイトディプロマ、無線電信組立/整備工の有資格者です。また、海洋工学・科学・テクノロジー学会(MIMarEST)の会員でもあります。

初めて日本で働き始めたのは1997年。その後オーストラリアと日本を行き来し(東京と横浜に住んだことがあります)、2007年、最終的に福岡に落ち着く事になりました。出身はオーストラリアのシドニーです。

Ohori Capital Pty. Ltd.の専務取締役も兼任しています。


         
 

 
 
 
 
 
 
hybrid_power_3
Hybrid marine power solutions including solar power save fuel, reduce pollution and are cost effective. Eco Marine Power is at the forefront of developing low emission & fuel saving solutions for ships, Our computer systems also provide a control interface between renewable energy & other systems on-board ships.
solar_wind_2
Eco Marine Power is at the forefront of providing innovative marine renewable energy technologies for shipping that harness the power of the sun & wind. These solutions include Aquarius MRE, EnergySail & Aquarius Marine Solar Power. These reduce fuel consumption, lower noxious gas emissions and deliver cost benefits.
aquarius_mas_icon_1
Aquarius Management & Automation System or Aquarius MAS is a cost effective alarm handling, monitoring & data logging platform suitable for a wide range of ships. The system is based upon the reliable KEI 3240 Data Logger and is class approved. Aquarius MAS can also monitor fuel use & calculate vessel emissions.
design_consulting_1
Our design & consulting services include green ship & eco ship concept designs, renewable energy surveys, renewable energy systems design & consulting support for new ship and retrofit projects. We work with ship owners, ship managers and ship yards to develop the right renewable energy solution for their needs.
続きを読む 続きを読む 続きを読む 続きを読む